鮭とシメジの炊き込みご飯

レコルト コンパクトライスクッカーの調理, 一人ご飯 昼食, 一人暮らしのおうちごはん

こんにちは。
『一人暮らし女の気楽な日常』管理人のJunconです。

今日は一人暮らしにおすすめのコンパクト炊飯器「レコルト コンパクトライスクッカー」を使った「鮭とシメジの炊き込みご飯」のレシピをご紹介します。

今回は焼いた鮭の食べ切れなかった分をほぐしてタッパに入れて冷蔵庫に保存していた分を使いました。

買ってきた鮭でも自分で焼いた鮭でも、余った分で作れるので経済的ですよ!!

目次

鮭とシメジの炊き込みご飯
用意するもの
作り方

 

用意するもの

 
① 鮭を焼いてほぐしたもの大匙2ほど
② お米1合
③ シメジ1/4(一袋の)
④ 濃縮タイプの麺つゆ小匙2(今回は濃縮4倍を使用)
⑤ お米を炊くときに使用するお水
⑥ にんにくチューブ2cmほど(これはお好みでどうぞ)
⑦ 有塩バター5~8g
 

作り方

 

① お米一合を洗って炊飯器に入れます。

② レコルトの釜にある「合」の1.5合までお水を入れます。(※レコルトのお水の目安はかなり硬めに設定しているので、わたしは1.5合に合わせてお水を入れてます)

③ シメジとほぐした鮭を入れます。

④ 分量の麺つゆとにんにくチューブを入れて全体を軽くかき混ぜる

⑤ レコルトにあるメニューの「早炊き」を選択して「スタート」ボタンを押す

⑥ 炊き上がったらバターを入れて全体をかき混ぜて出来上がり

 

分量を変えて自分好みの味に

 

白米ばかりじゃ飽きちゃう・・・というときに試してほしい炊き込みご飯の一つの例です。

鮭を焼いて食べたけど余ってしまった、というときは魚の骨を取り除き、ほぐしてタッパに保存しておくことで、後日炊き込みご飯に使用できます。

分量を変えて自分好みの味に

麺つゆの分量は小匙1でも、はたまた大匙1でも、作っているうちにもっと薄い方がいい、またはもっと濃い方がいいと思ったときには、分量を変えて自分好みの味にして作ってくださいね。

バターは風味が出る

有塩バターを入れることで風味が出て味がまろやかになります。

有塩バターがないときにはマーガリンで代用も可能です。

ただし、どちらも切れしているときには無くてもOK。
無くても美味しくいただけますよ。